FC2ブログ

【ライブラリー】 第19回 天使は空から舞い降りる  

PM622.jpg  PM624.jpg  PMS028.jpg
(絵柄をクリックすると拡大画像がご覧いただけます)


天使のシールも海外のシールの特徴のひとつです。もちろん、それには宗教的な背景があるからですが、天使のように空から舞い降るという発想は日本(アジア)にはあまりないように思います。日本のお化けは、空から舞い降りるのではなく、暗がりの奥から現れるという感じなのです。そういった目線の違いというのは、文学で言う”風景の発見”にも関係しているように思います。

【ライブラリー】 第18回 文化の違い

PM561.jpg  PM580.jpg  PM610.jpg
(絵柄をクリックすると拡大画像がご覧いただけます)


どれもなつかしいシールです。サンディライオンのこういったニコニコ(スマイル)のシールを初めて見たときは、ある種の衝撃がありました。犬や亀も、特に色合いが日本のそれとは違います。それが文化の違いなのでしょう。

2/15~2/18 臨時休業のお知らせ 

所用により下記の期間、臨時休業させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご承知くださいますようお願い申し上げます。(ご注文は通常通り承ります)

2月15日(月)~2月18日(木)

※この期間、メール及び発送を休ませていただきます。
※2/14までのご注文は、2/15に発送いたします。
※2/15~2/18のご注文は、2/19の発送になります。

入荷予定

2月6日、下記のシールが再入荷しました。
在庫データも更新済みです。


多くの欠品が生じており、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

近日中に、以下のシールの欠品及び在庫僅少分が再入荷の予定です。

◎ラコルタシール
http://www.sealmania.com/raccolta.html

◎ルミエールシール
http://www.sealmania.com/lumiere.html

◎サンディライオンシール(パール・プリズム・クローム)
http://www.sealmania.com/pearl.html
http://www.sealmania.com/prism.html
http://www.sealmania.com/chome.html

【ライブラリー】 第17回 シールのリアル感

PM316.jpg  PM321.jpg  PM343.jpg
(絵柄をクリックすると拡大画像がご覧いただけます)


このオームのシールのリアル感。初めてサンディライオンのシールを見たときの”ときめき”は、こういったリアル感にあったのでした。

【ライブラリー】 第16回 キラキラしたシール

PM099.jpg  PM102.jpg  PM194.jpg
(絵柄をクリックすると拡大画像がご覧いただけます)


これらは、如何にもプリズムシールらしいキラキラしたシールです。シールをスキャンすると、キラキラ光っている部分が黒く映るのですが、この点についてはサイトでもくり返し「お断り書き」しています。こういったキラキラしたシールは、今でこそめずらしくなくなりましたが、もともとは海外から渡ってきたものだったのです。

【ライブラリー】 第15回 バレンタインのシール

PMS032.jpg  PMS033.jpg  PMS034.jpg
(絵柄をクリックすると拡大画像がご覧いただけます)


右端のシールは、いつの間にかバレンタインシーズンの定番になり、バレンタインシールと呼ばれるようになりました。海外のシールにはハートにも”物語性”があるのです。それは、”論理”と”情緒”の文化の違いなのかもしれません。昔流行ったことばで言えば、エクリチュールとパロールの違いと言ってもいいのかもしれません。

左端は、「パーティ」という品名だったように思います。今にも賑やかな音が聞こえてきそうなシールです。

真ん中は、海賊のシールで、品名もそのものズバリ「パイレーツ」でした。パオレーツ(バイキング)は、交易をとおして、収奪すべき空間(領土)を拡張する資本主義の本性を担っていたのです。それは、帝国主義が登場する以前の原始的な本性とも言えます。パイレーツのシールには、そういった歴史的文化的な背景が伏在しているのです。
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSフィード